こんな症状があったら

こんな症状があったら

泌尿器科の症状と疾患


尿の異常

尿が赤くなった(血尿)

 血尿とは、尿の通り道のどこからか出血を来たしている状態であり、目でみて分かるものから、見た目は分かりませんが検診などの尿検査でようやく判明するものまであります。この血尿の原因には、尿路感染症、尿路結石、尿路生殖器の悪性腫瘍および腎臓の内科的な病気など様々なものがあります。
 血尿のなかで最も注意が必要なものは症状が全くない血尿であり、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎盂癌などがあるます。そのため、症状がないからとほっておかず、はやめに専門医の受診することをおすすめします。
 症状がある疾患として、お腹や背中の左右どちらか一方に強い痛みを伴っている場合は尿路結石症が考えられ、また排尿時の痛みを伴っている場合は膀胱炎が考えられます。
 
このページの先頭へ